・美術売買~名の由来(笑)

スポンサードリンク


 サイト引越しのご挨拶ついでに、何ともセンスの無いこのタイトル『美術売買~骨董・コンテンポラリーを中心に』の由来についてご説明しましょう。

 一番最初、『美術売買』はエキサイト・ブログで作成しました。作成にあたり記事のアイデアはたくさんあったのですが、肝心のタイトルが浮かびません。「適当に…」と考えたものの、それがなかなか決まらなかったのです。何でも良いと言えばそうなのですが、短いだけにかえって難しい…。あれやこれやと、3時間くらい考えたでしょうか。
 
 我ながら決断力の無さに呆れましたが、そこで変なアイデアを思いつきました。「美術」「骨董」「陶器」「エピソード」「オークション」「逸話」「商売」「アート」「ショッピング」など、それらしいキーワードを紙に書き、ゴチャマゼにした中から2つ引いて組み合わせたのです。確か夜中の2時頃、コピー用紙に文字を書いてハサミで切り…、一体何をやっているのかという感じで作業していました。そして、最初に出た何となく意味の通じる組み合わせが「美術」「売買」だったのです。

 正直、アカ抜けない名前とは思いましたが、既に数時間経っていたため嫌気が差し、ともかく仮名として「美術売買」という文字を入力画面に打ち込んだのでした。ただ、これだけでは何の美術かわかりづらいため「~骨董・コンテンポラリーを中心に」を付け加えたのです。

 ところが、仮名と考えていたタイトルを変えないまま記事を掲載していたところ、当初利用していたエキサイトブログの利用者数名からリンクされてしまったのです。タイトルを変えてもアドレスは変らないのですから別の名にしても良かったのでしょうが、相手のページには『美術売買~骨董・コンテンポラリーを中心に』という、ブログにしては長いタイトルがそのまま載ってしまっています。何となく変えづらくなって、結局そのままになってしまったのでした…。 

 今思うと、もう2年近く前の話。その頃はブログという言葉も覚えたてでしたが、今は独自ドメイン~ブログツールのMTを使って運営しているのだからわからないものです。 

スポンサードリンク


« わかっていながら… その1 | 美術売買  TOPページへ | 引越しのごあいさつ… »
次の記事を読まれる前に、是非コメントをお寄せ下さい。

『美術売買 骨董・コンテンポラリーを中心に』では、皆様からのコメントをお待ちしております。

 記事を読まれてのご感想は勿論、古美術品収集や現代美術にまつわる話、美術品売買のエピソードなどがありましたら是非ご投稿下さい。※コメントは承認制です。表示まで、お時間がかかる場合がございます


Copyright(C) 美術売買~骨董・コンテンポラリーを中心に allrights reserved.