・骨董 儲かるでしょう~ その3

スポンサードリンク


 前回の続きです。集荷にきたのは、ずいぶんと話し好きの年配男性でした。箱のサイズを計りつつ、なんやかんやと話し掛けてきます。

 宅配便でもゆうパックでも、荷物を送る場合は大抵サイズによって料金が決まります。どの運送会社も競争の中、いま2~3センチ(あるいはそれ以上)のオーバーなら下のサイズ(送料)にオマケしてくれたりするものですが、このお父さんは1センチでもオーバーならキッチリと料金を取るのでした(※集荷する人により違いますが、宅配便業者の半分くらいはサイズも測らず目分量で安めの料金にしてくれます)。職務熱心というより、これは性格でしょう。良いとか悪いという話ではありませんが、何となく「儲かるでしょう~」と言ってくる人らしいなと思いました。

 で、このお父さん。結構忙しいと思うのですが、困ったことに色々と話しかけてきて帰る気配がありません。どうやら気になるのは、「儲かる」と思っている荷物の中身らしいのです。梱包してあるのでさすがに「開けて見せろ」というわけではなさそうですが、「いくらくらいの物が入っているのか?」「どんな美術・骨董品が入っているのか?」、もっと簡単に言えば「いくらくらい儲かるのか?」という話ぶりに聞こえました。

 前回の記事で書いた通り、本来こういう方は相手にしません。上手く理由をつけて帰すこともできたでしょう。が、「骨董屋は儲かる」と思っているこのお父さんに、私は箱の中身と「骨董屋の商売」を軽く説明してあげることにしたのです。

「お父さん、この箱の中身はね…」。

※この話のその4は『裏美術売買』に掲載します。

スポンサードリンク


« 「現代美術」で検索続出 | 美術売買  TOPページへ | 骨董 儲かるでしょう~ その2 »
次の記事を読まれる前に、是非コメントをお寄せ下さい。

『美術売買 骨董・コンテンポラリーを中心に』では、皆様からのコメントをお待ちしております。

 記事を読まれてのご感想は勿論、古美術品収集や現代美術にまつわる話、美術品売買のエピソードなどがありましたら是非ご投稿下さい。※コメントは承認制です。表示まで、お時間がかかる場合がございます


Copyright(C) 美術売買~骨董・コンテンポラリーを中心に allrights reserved.