・花に蟷螂 トイレにユリ

スポンサードリンク


 庭の片隅にユリが咲いているのですが…(1枚目の写真は拡大できます)。
yuritop.JPG

 このユリ、「テッポウユリ」という種類でしょうか? ずいぶん以前、トイレ近くにある陽の当りづらい場所~固い土の上から突然芽を出しました。いったん枯れてもまた伸びてくる強い植物で、最近周囲から同じものが2、3本生えてきたようです。どうやら増殖中の模様…。近年、街道沿いの空き地などでよく見られるそうですが、花を見ると「雑草」とは呼びづらい美しさを持っています。

yurikamakiri.JPG しばらく眺めた後、晴天が続いていたのでユリや他の植物へ水を遣ることにしました。その後、何となく撮影してみようかとデジカメを取りに部屋へ戻ったのですが、構えると何やら動くものが。花の上にいたのは、まだ小さな蟷螂(カマキリ)でした。写真ではよくわかりませんが、口にたくさん水を含んでいます。部屋へ戻ったわずかのうちに花の上へと乗っていたのですから、水を待っていたのでしょう。ともかく花と蟷螂は、よく合う図です。

 この花も、先日の台風直撃ですっかり落ちてしまいました(もう落ちかけてはいたのですが)。しかし、時期が来ればまた咲いてくれることと思います。

 いつもの記事とは違いましたが、夏も終わりの花便りでした。

スポンサードリンク


« ケタ違いの話 その1 | 美術売買  TOPページへ | 粗品は××× その3 »
次の記事を読まれる前に、是非コメントをお寄せ下さい。

『美術売買 骨董・コンテンポラリーを中心に』では、皆様からのコメントをお待ちしております。

 記事を読まれてのご感想は勿論、古美術品収集や現代美術にまつわる話、美術品売買のエピソードなどがありましたら是非ご投稿下さい。※コメントは承認制です。表示まで、お時間がかかる場合がございます


Copyright(C) 美術売買~骨董・コンテンポラリーを中心に allrights reserved.