・緊急投稿 ロッテ日本一!

スポンサードリンク


 千葉ロッテマリーンズが、31年ぶりの日本一に輝きました。

 私は野球好きですが、セ・リーグでは横浜、パ・リーグではロッテを応援しています。どちらも弱小球団で、「応援していればそのうちどちらかは優勝するだろう」という理由からでした。が、98年に横浜が優勝すると、横浜は応援しつつもだんだん千葉ロッテの方に肩入れしていったのです。

lotte01.jpg 掲載した写真は横浜優勝よりもさらに前、1993年4月15日のマリンスタジアムです。今から12年前ですが、ホームだけあってライトスタンドにはお客さんが入っています。あの熱狂的な応援はまだなかったようですが、それでも新しい応援スタイルというか、そういうものが生まれそうな予感はありました。
  lotte02.jpg
 しかし、毎回スタンドはガラガラで、私もご覧の通りのゴロ寝状態。平日の2階席は1席1人ではなく、1ブロック1人、売り子と客がマンツーマンという感じでした。ロッテと言えば、伝説の川崎球場があります。テレビの珍プレーで外野スタンド~キャッチボールや流しそうめんをやっているところが流れたり、付近の郵便局でタダ券が山積みされていたり、やってきた助っ人外国人が球場を見て「冗談だろ」と言ったり、ライトスタンドの客席にドーンと照明灯が建っていたり…。
今となっては考えられないメチャクチャな話ですが、そのロッテがオリオンズからマリーンズに変わり、30年以上も遠ざかっていた日本一に輝いたのですから、何か野球界の歴史が「一段落」、あるいは「一周り」したようにも思えます。

スポンサードリンク


« 美術品の鮮度 その1 | 美術売買  TOPページへ | 競りの妙 その7 »
次の記事を読まれる前に、是非コメントをお寄せ下さい。

『美術売買 骨董・コンテンポラリーを中心に』では、皆様からのコメントをお待ちしております。

 記事を読まれてのご感想は勿論、古美術品収集や現代美術にまつわる話、美術品売買のエピソードなどがありましたら是非ご投稿下さい。※コメントは承認制です。表示まで、お時間がかかる場合がございます


Copyright(C) 美術売買~骨董・コンテンポラリーを中心に allrights reserved.