・ルーズな美術商

スポンサードリンク


 先日、現代作家を扱う某有名画廊である作家の版画を購入しました。作品は後日発送との事で、請求書を待って入金。作品を待っていましたが…。

 入金後10日ほど経ったのですが、何の音沙汰もありません。購入した作品がこないのは勿論、入金確認の連絡も作品到着の予定も連絡なし。メールをしても返答がなく、電話での問い合わせにやっと状況を伝えてもらえるという有様でした。きちんとしていたのは、請求書の発送のみです(笑)。

 これはあくまで私の感想なのですが、この有名画廊に限らず、どうもコンテンポラリー系の美術商と売買すると金銭の支払いがルーズだったり、品物のやり取りや期日がいい加減だったりするのです。たまたまだとは思いますし同業の諸兄には気を悪くしないで欲しいのですが、正直私はずいぶんと泣かされています。これとは別に、ネット関連現代美術画廊のいい加減な値段表記等、言いたいことはいくつかありますが…。

 客の立場になると尚更わかることなのですが、お金のやり取りというのは、迅速かつ明確にしなければなりません。入金があったときはその旨を連絡し、商品発送が後日になる場合は、その予定を相手に知らせる。当然のことと思えるのに、これができない美術商も多いのです。勿論、現代美術系の業者に限らず古美術商にもそういった人はいますが、ともかく金銭や商品のやり取りがいい加減にならないよう私も常に心掛けています。みなさんも、店頭やネットで買い物~後日発送となる場合は、発送期日を確認した方が良いでしょう。特に、店頭で買って「後で送ります」と言われた場合、ルーズな美術商はなかなか送ってこないものです。

スポンサードリンク


« 市場、交換会 | 美術売買  TOPページへ | 2004年の美術売買 »
次の記事を読まれる前に、是非コメントをお寄せ下さい。

『美術売買 骨董・コンテンポラリーを中心に』では、皆様からのコメントをお待ちしております。

 記事を読まれてのご感想は勿論、古美術品収集や現代美術にまつわる話、美術品売買のエピソードなどがありましたら是非ご投稿下さい。※コメントは承認制です。表示まで、お時間がかかる場合がございます


Copyright(C) 美術売買~骨董・コンテンポラリーを中心に allrights reserved.