・野球観戦

スポンサードリンク


 4/17の日曜日、神宮球場へヤクルト-巨人戦を観に行きました。

 チケットは自由席。日曜日、しかも巨人戦ということで混雑を予想していましたが、何と試合開始後も席に余裕あり。シーズンシートの多いネット裏や外野席を除き、1塁側・3塁側の指定席ともガラガラです。最近、ナイター中継を観ても巨人戦の客席に空席が目立ちますが、野球ファンの私としては何とも淋しい限り…。

 それにしても、これだけ不入りにも関わらずアウェイの神宮球場で巨人戦のみ別料金、座席区分も別というのはおかしな話です。この期に及んでいまだに巨人頼みという体質から抜け出そうとしていません。球場側としても、思い切った料金の見直しやネットその他を使った告知・クーポン券の配布等考えるべきでしょう。露店の「サクラ」ではありませんが、お客さんが入っくれないことには盛り上がらない~観戦に行こうとする人も増えません。

 さて、何でも出てくる古美術商の交換会ですが、さすがに本格的な野球グッズや道具はほとんど出てこないようです。たまに見るのは、球場みやげの「サインボール」でしょうか? 一般の方が引越しや荷物の処分をする際、他の品と共に買出し屋さんに引き取られたりするのでしょう。勿論、普通のサインボール1個では売買の対象になりません。量産品の花瓶や食器、記念メダルといった品物いくつかと組み合わされて出てくる程度です。なお、以前美術系のオークションに、「沢村栄治投手のパスポート」が出品されたことがあります。他は美術品でスポーツグッズの出品は確かその1点だけでしたが、180万の高額で落札されていました。

スポンサードリンク


« これだからやめられない その1 | 美術売買  TOPページへ | 価格表示に要注意 その3 »
次の記事を読まれる前に、是非コメントをお寄せ下さい。

『美術売買 骨董・コンテンポラリーを中心に』では、皆様からのコメントをお待ちしております。

 記事を読まれてのご感想は勿論、古美術品収集や現代美術にまつわる話、美術品売買のエピソードなどがありましたら是非ご投稿下さい。※コメントは承認制です。表示まで、お時間がかかる場合がございます


Copyright(C) 美術売買~骨董・コンテンポラリーを中心に allrights reserved.