こちらのページは、カテゴリーページとなっております。売買にまつわるエピソードを紹介する「美術売買・エピソード」、古美術品や陶器を中心とした話を紹介する「骨董・陶器」、オークションハウスでの競りやネットオークションの話、古美術商同士の競りなどのコラム「オークションの話」、近年私がよく扱っているコンテンポラリーについて書いた「現代美術・絵画 」、直接的にはアートに関係ない駄文「駄コラム」。内容はともかく、お楽しみいただければと思います。
スポンサードリンク

・2016-17 ネットオークション雑感 その6

 久々に覗いたネットオークション。今度は、ある作家の茶碗が目に留まりました。

"2016-17 ネットオークション雑感 その6"

・2016-17 ネットオークション雑感 その5

 その魯山人作品は、終了時間の少し前まで「お買い得価格」でした。商売ではなく、何となく手元に置きたいと思い入札を考えたのですが…。

"2016-17 ネットオークション雑感 その5"

・2016-17 ネットオークション雑感 その4

 ネットオークションに出ていた本物の魯山人。私は、その作品を追うことにしました。

"2016-17 ネットオークション雑感 その4"

・2016-17 ネットオークション雑感 その3

 久しぶりに見たネットオークション画面。私は、出品物を詳しく見てみることにしました。

"2016-17 ネットオークション雑感 その3"

・2016-17 ネットオークション雑感 その2

 とある事情から久しぶりに覗いたネットオークション。私が積極的に利用していた初期の頃とは、ちょっと違う景色が広がっていました。

"2016-17 ネットオークション雑感 その2"

・2016-17 ネットオークション雑感 その1

 私が積極的にネットオークションを利用していたのは、もうずいぶんと前のことです。その頃はネットオークションを利用して美術・骨董品を売っている美術商も今ほど多くなく、名のあるお店はあまり参入していませんでした。当時「ネットオークションで売っている」などと話すと、年配の美術商などから奇異の目で見られたものです。

"2016-17 ネットオークション雑感 その1"

・美術オークション 2009後半

 先日、ある大手美術オークション会社の出品担当者と話す機会がありました。

"美術オークション 2009後半"

・安過ぎて手が出ない

 先日、一般参加型の某美術オークションに参加しました。

"安過ぎて手が出ない"

・今秋のオークションに注目

 そろそろ年末の美術オークションシーズン。しかし、この状況の中でどのような売行きを見せるのか? 注目されるところでしょう。

"今秋のオークションに注目"

・競りの妙 ある狭い競り その3

 私は、このネットオークションに出されている現代美術品に入札してみました。

"競りの妙 ある狭い競り その3"

※皆様からのコメントをお待ちしています

 1  |  2  |  3  |  4  |  5 

『美術売買 骨董・コンテンポラリーを中心に』では、記事を読まれた皆様からのコメントをお待ちしております。

 また、美術品収集やエピソードなどがありましたら是非ご投稿下さい。


Copyright(C) 美術売買~骨董・コンテンポラリーを中心に allrights reserved.