こちらのページは、カテゴリーページとなっております。売買にまつわるエピソードを紹介する「美術売買・エピソード」、古美術品や陶器を中心とした話を紹介する「骨董・陶器」、オークションハウスでの競りやネットオークションの話、古美術商同士の競りなどのコラム「オークションの話」、近年私がよく扱っているコンテンポラリーについて書いた「現代美術・絵画 」、直接的にはアートに関係ない駄文「駄コラム」。内容はともかく、お楽しみいただければと思います。
スポンサードリンク

・一山の古額 その1

 陶器でも絵画でもそうですが、商的に大して価値のない美術品を交換会で売買する際は「一山」、つまり「まとめていくら」という売り方がされます。

"一山の古額 その1"

・一山の古額 その2

 交換会の帰り際、私は額に入った水彩画を買わされることになりました。価格はというと…。

"一山の古額 その2"

・一山の古額 その3

 画廊の主人が交換会で買った古額の山。作品ではなく額を利用するため、中身を入れ替えることになったのですが…。

"一山の古額 その3"

・骨董 儲かるでしょう~ その1

 普段、手持ちの美術品なり骨董品を相手に送る場合、宅配便を使います。電話をすると取りにきてくれるわけですが、在庫の美術品を家に居ながらパッと相手に送れる…。ズボラな私の商売に、なくてはならないサービスです。

"骨董 儲かるでしょう~ その1"

・骨董 儲かるでしょう~ その2

「骨董とかって、儲かるでしょ~?」。たまに言われるこの言葉、以前から不思議に感じていました。どこから「美術商=儲かる」「骨董屋=儲かる」という発想が出てくるのか…? そんなに儲かるなら、世の中もっと多くの人が古美術商をやってるはずです。

"骨董 儲かるでしょう~ その2"

・骨董 儲かるでしょう~ その3

 前回の続きです。集荷にきたのは、ずいぶんと話し好きの年配男性でした。箱のサイズを計りつつ、なんやかんやと話し掛けてきます。

"骨董 儲かるでしょう~ その3"

・美術、骨董業界 狭すぎる… その1

 どんな仕事でもそうかもしれませんが、美術商の世界は「とにかく狭い」と言われます。美術・骨董品など星の数ほどあるにもかかわらず、自分の扱った品がしばらくして目の前に戻ってきたり、オークションで見掛けたり。そして、品物にまつわる話以外にも「狭さ」を感じるエピソードがいろいろあるのですが…。

"美術、骨董業界 狭すぎる… その1"

・美術、骨董業界 狭すぎる… その2

「へー、あの版画。オークションに出るんだ…」。ついこの間まで知り合いの画廊に展示されていた版画。今度は、オークション出品物という形でまた目にすることとなりました。

"美術、骨董業界 狭すぎる… その2"

・美術、骨董業界 狭すぎる… その3

 オークションが開始されました。次々と出品される絵画が、スピーディーかつリズミカルに競り落とされていきます。

"美術、骨董業界 狭すぎる… その3"

・哀愁の上野不忍池骨董市 その1

 ちょうど桜が開花した頃の話だったでしょうか? 上野の不忍池で行われている骨董市を覗く機会がありました。

"哀愁の上野不忍池骨董市 その1"

※皆様からのコメントをお待ちしています

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11 

『美術売買 骨董・コンテンポラリーを中心に』では、記事を読まれた皆様からのコメントをお待ちしております。

 また、美術品収集やエピソードなどがありましたら是非ご投稿下さい。


Copyright(C) 美術売買~骨董・コンテンポラリーを中心に allrights reserved.