こちらのページは、カテゴリーページとなっております。売買にまつわるエピソードを紹介する「美術売買・エピソード」、古美術品や陶器を中心とした話を紹介する「骨董・陶器」、オークションハウスでの競りやネットオークションの話、古美術商同士の競りなどのコラム「オークションの話」、近年私がよく扱っているコンテンポラリーについて書いた「現代美術・絵画 」、直接的にはアートに関係ない駄文「駄コラム」。内容はともかく、お楽しみいただければと思います。
スポンサードリンク

・値切らない紳士 その2

 前回の続きです。その紳士は、商品を全く値切ろうとしませんでした。

"値切らない紳士 その2"

・上手く付き合う、上手く買う

 この仕事を選んでおいて書くのもなんですが、美術商は個性の強い方が多いです。勿論、職業に関わらず人によって性格は千差万別なのでしょうが、物に対する「こだわり」を持った方がこの仕事をしていると考えれば、なんとなく頷けることでしょう。

"上手く付き合う、上手く買う"

・会の昼食

 古美術商の会と言っても開始時間~終了時間はまちまちですが、午前から始まる市場では大抵の場合お弁当が出されます。

"会の昼食"

・GWのドライブで その1

 GW前半のある日、私は友人とドライブに出かけました。

"GWのドライブで その1"

・GWのドライブで その2

 郊外の道をひたすら走ると、今度は妙な看板を見つけました

"GWのドライブで その2"

・これだからやめられない その1

 古美術商の会での話です。あるガラクタの山が出ていました。が、その中に1点だけ欲しい品があったのです。

"これだからやめられない その1"

・これだからやめられない その2

 前回の続きです。偶然にも私とオジサンの落札品は隣り合わせに集められていました。そこで、荷造りの際それとなく声を掛けてみることにしたのです。

"これだからやめられない その2"

・近所のリサイクルで その1

 先日、近所のリサイクルショップに行ってきました。

"近所のリサイクルで その1"

・近所のリサイクルで その2

 いつものように店内を見回すと、ある商品に目が留まりました。それは、表面全体に金箔を施された漆器です。

"近所のリサイクルで その2"

・近所のリサイクルで その3

 その小さな油絵は、お店の床にそのまま置かれていました。

"近所のリサイクルで その3"

※皆様からのコメントをお待ちしています

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10 

『美術売買 骨董・コンテンポラリーを中心に』では、記事を読まれた皆様からのコメントをお待ちしております。

 また、美術品収集やエピソードなどがありましたら是非ご投稿下さい。


Copyright(C) 美術売買~骨董・コンテンポラリーを中心に allrights reserved.