こちらのページは、カテゴリーページとなっております。売買にまつわるエピソードを紹介する「美術売買・エピソード」、古美術品や陶器を中心とした話を紹介する「骨董・陶器」、オークションハウスでの競りやネットオークションの話、古美術商同士の競りなどのコラム「オークションの話」、近年私がよく扱っているコンテンポラリーについて書いた「現代美術・絵画 」、直接的にはアートに関係ない駄文「駄コラム」。内容はともかく、お楽しみいただければと思います。
スポンサードリンク

・大量処分1~「廃業した古美術商」

 古美術品やそれに近い物を扱っている(持っている)お店が廃業する場合、在庫処分に交換会(業者の市場)が利用されたりします。

"大量処分1~「廃業した古美術商」"

・大量処分2~「捨てないで下さい」その1

 前回と同様のケースですが、今度はあるショップ(会社?)が在庫処分した際のエピソードです。

"大量処分2~「捨てないで下さい」その1"

・大量処分2~「捨てないで下さい」その2

「特別シード」とも言える高額の美術・骨董品も一通り売られ、いよいよ大量の品が競りに掛けられることとなりました。  

"大量処分2~「捨てないで下さい」その2"

・不謹慎ではあるものの

 私の住んでいる関東地方では、夜半から雪となっています。どんな職種でも天候は何らかの関わり合いを持っていると思いますが、古美術商の世界で一番天候に左右されると言えば屋外で開催される骨董市でしょう。

"不謹慎ではあるものの"

・プチプチを鑑定する(?)

 美術・骨董品でなくとも、陶器やコワレモノを梱包したことのある方は多いでしょう。保管・移動したり、発送された方もいると思います。

"プチプチを鑑定する(?)"

・人工衛星2

 以前「人工衛星」という話を書きましたが、今回は私と多少縁のあった人工衛星の話です。

"人工衛星2"

・骨董の価格 その1

 私はそれほど見ないのですが、友人から「テレビの鑑定番組、あの鑑定額ってどうなの?」と聞かれることがあります。

"骨董の価格 その1"

・骨董の価格 その2

 私達が商品を仕入れる場合は交換会で買う、あるいは古美術商から直接買うことが多いのですが、供給の大元はと言えば一般個人から仕入れることでしょう。

"骨董の価格 その2"

・骨董の価格 その3

 私は経験した事がありませんが、美術・骨董品の相続~それにまつわるトラブルも多いようです。

"骨董の価格 その3"

・人工衛星

 古美術商になってしばらくした頃の話です。交換会で近くにいた人が「あ、人工衛星だ」と話しながらある骨董品を手に取っていました。

"人工衛星"

※皆様からのコメントをお待ちしています

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11 

『美術売買 骨董・コンテンポラリーを中心に』では、記事を読まれた皆様からのコメントをお待ちしております。

 また、美術品収集やエピソードなどがありましたら是非ご投稿下さい。


Copyright(C) 美術売買~骨董・コンテンポラリーを中心に allrights reserved.