こちらのページは、カテゴリーページとなっております。売買にまつわるエピソードを紹介する「美術売買・エピソード」、古美術品や陶器を中心とした話を紹介する「骨董・陶器」、オークションハウスでの競りやネットオークションの話、古美術商同士の競りなどのコラム「オークションの話」、近年私がよく扱っているコンテンポラリーについて書いた「現代美術・絵画 」、直接的にはアートに関係ない駄文「駄コラム」。内容はともかく、お楽しみいただければと思います。
スポンサードリンク

・わかっていながら… その2

 前回の続きです。まだ買われていない商品の中に、ある人気作家の陶器が入っていました。

"わかっていながら… その2"

・わかっていながら… その3

 前回の続きです。私は購入した大皿を、当時よく利用していたネットオークションで売ることにしました。

"わかっていながら… その3"

・わかっていながら… その4

 前回の続きです。私は、売れなかった大皿を再出品することにしたのですが…。

"わかっていながら… その4"

・2005年の美術売買

 今年も残りわずかとなりました。『美術売買』をご覧いただきました皆様には、心より御礼申し上げます。

"2005年の美術売買"

・気になる記事 その1

 ニュースとして扱うにはちょっと古い話題となってしまいましたが、以前ネットや新聞で「気になる記事」を読みました…。

"気になる記事 その1"

・気になる記事 その2

 不勉強な私は、古美術や現代美術を扱っている他の方のホームページをそれほど積極的に見ないのですが、調べ物をしているとそういった品物・話題を記事にしているページにいくつもぶつかります。

"気になる記事 その2"

・美術品の鮮度 その1

 美術・骨董品には、いろいろな意味で「鮮度」というものがあるようです。

"美術品の鮮度 その1"

・美術品の鮮度 その2

 近年になって何度か流通した商品や、現代製の商品に「うぶさ」はないのかもしれません。しかし、全ての品には価格の高低・時代の新旧に関わらず、「売り時」「買い時」といった別の鮮度が存在しているのです。大した話ではないのですが、以前こんなことがありました。

"美術品の鮮度 その2"

・テレビの特集に思う その1

 今日の夕方、某テレビのニュースで買出し屋さんが特集されていました。

"テレビの特集に思う その1"

・テレビの特集に思う その2

 前回の続きです。相変わらずニュースの特集を見ていたわけですが…。

"テレビの特集に思う その2"

※皆様からのコメントをお待ちしています

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11 

『美術売買 骨董・コンテンポラリーを中心に』では、記事を読まれた皆様からのコメントをお待ちしております。

 また、美術品収集やエピソードなどがありましたら是非ご投稿下さい。


Copyright(C) 美術売買~骨董・コンテンポラリーを中心に allrights reserved.